福井銀行カードローンは勤務先連絡なしでお金を借りられる?

福井銀行カードローンは勤務先連絡なしでお金を借りられる?

 

福井銀行キャッシュの申し込みをする際には、わざわざ店舗に来店しなくても利用することが可能です。

 

福井銀行はその名前のとおり金融機関としてサービスを提供していますが、

 

一般の消費者に対してお金を借りやすいように少額融資のサービスを提供している面もあります。

 

実際に、一定金額の範囲内ならば来店不要で口座を作る必要もないですし、

 

しかも収入証明書を提出する必要もありません。

 

福井銀行に実際に行けばきちんと説明してもらえるので、

 

不安がある人は実際に店舗に行って話を聞いて見ても良いでしょう。

 

福井銀行のような金融機関が少額融資のサービスを提供する際には、

 

キャッシングに関連する貸金業法の制限を受ける必要があります。

 

貸金業法というのは、金融機関に対して適用される銀行法とは異なった法体系によって考えられている法律です。

 

貸金業法に従えば簡易的な手続きだけでお金を借りることができるようになるので、

 

顧客の獲得の拡大を目指している金融機関は

 

この法律的な制度を利用して消費者に対して融資を提供していることが非常に多いのです。

 

これは福井銀行も例外ではなく、銀行特有の大型の融資だけではなく少額融資を提供することに力を入れています。

 

例えば、身近な少額融資のサービスとして有名なのはクレジットカードです。

 

クレジットカードの機能には、本質的に二つの機能が組み込まれています。

 

一つは、お金を用意しなくてもショッピングをすることができるショッピング枠という特別なわけです。

 

クレジットカードは、本来手元にお金がなくても

 

そのクレジットカードを保有している本人のステータスによって

 

ショッピングで買い物ができるようになる機能を有しています。

 

カードを出せばそのカードを通してショッピングをすることが可能で、必要になるお金は後からまとめて請求されます。

 

一方で、クレジットカードにはキャッシング枠という重要なもう一つの機能が搭載されているのです。

 

キャッシング枠というのは、その名前のとおりカードを利用して現金を直接的に借りるシステムのことを意味します。

 

ショッピング枠はお金を使わずにショッピングができるように考えられたものでしたが、

 

キャッシング枠は現金を借りて本人が好きな様にお金をつかうことを目的としていますので、

 

その歯とはショッピングに限定されているわけではありません。

 

そして、このクレジットカードに組み込まれているキャッシング枠というのは、

 

銀行で適用される銀行法と法律ではなく消費者金融などの貸金業者に対して適用される貸金業法が適用されます。

 

銀行がサービスを提供していたとしても、貸金業法の範囲内でサービスが適用されるわけです。

 

このように、基本的に銀行が少額融資を提供することは

 

法律的な競合を生み出さないのでサービスを提供することに関して問題となることはありません。

 

ただ、少額融資を利用するのならばあくまでも銀行ではなく貸金の範囲内で行う必要があるわけです。

 

これは銀行が金融機関だからといって変化があるところではありません。

 

 

元々、少額融資に関連する少額融資については

 

直接的に消費者と契約を締結する性質がありますので

 

どうしても消費者を過保護にしなくてはならない事情があります。

 

消費者にむやみにお金を借りることができる環境を与えてしまうと

 

好き勝手にお金を借りることができすぎてしまいますので

 

お金を貸す方としても不良債権が溜まってしまう危険性が高くなるからです。

 

こうなってしまうと金銭トラブルの大きな原因となります。

 

ですから、銀行などであっても少額融資が可能な企業では貸金業法を適用させて

 

双方が安全にサービスを利用することができるように工夫しているのです。

 

これによって、福井銀行からも安全にキャッシュすることが可能です。

 

福井銀行カードローンの審査基準 どうしても地元の福井銀行でお金を借りたい場合

 

福井銀行は地方銀行として有名な金融機関で、使いやすいカードローンを提供しています。

 

福井に住んでいる人でこの銀行からお金を借りたいのであれば、

 

審査基準についての理解を深めておくことが、審査に落ちないコツです。

 

審査基準として、最低限の条件をクリアしていなければなりません。

 

最低限の条件とは、申し込める年齢と収入、保証が受けられることです。

 

満20歳以上65歳未満であることが、年齢の条件です。

 

未成年では審査に落とされてしまいます。65歳以上の高齢者が申し込んだ場合も直ちに落とされます。

 

では、年齢の条件に当てはまれば全ての人が借りられるかといえば、そうではありません。

 

専業主婦でも申し込める福井銀行のカードローンではあるものの、配偶者に安定収入がなければ認められません。

 

また、全日制の学生の立場も不可能です。年金収入のみで生計を立てている人も対象外になりますから注意しましょう。

 

年金を受け取りながら安定した収入が得られる仕事をしている人なら条件をクリアできます。

 

アルバイトやパートといった雇用形態でも良く、仕事をしていれば主婦の立場でも受け入れてくれます。

 

収入については具体的な条件設定はありません。

 

安定収入さえあれば少ない金額でも審査に通る可能性が高いでしょう。

 

そしてもう一つ、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられることが条件で、

 

これは福井銀行のカードローンに申し込めば

 

自動的に保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が審査を行いますから、

 

その結果を待つだけで構いません。

 

保証会社の審査に通るコツですが、返済能力があると判断されることが絶対条件です。

 

保証会社の審査はカードローンの審査基準でとても重要な要素になってきますので、

 

どうしてもお金を借りたいなら事前に対策をしておきましょう。

 

ポイントになるのが個人信用情報機関の記録です。

 

ここには過去や現在の借入れについて記録が残っています。

 

各種ローンやキャッシング、クレジットカードの利用状況の他、

 

携帯電話の本体を割賦購入した場合にも記録されます。

 

期日までに支払いを済ませた記録が残っていますが、返済が滞った記録も残りますので、

 

審査の段階で遅延が判明すると、審査に通らなくなる危険がかなり上がります。

 

福井銀行のカードローンでは比較的審査の水準が厳しいため、各種ローンやクレジットカードの返済を遅らせるようなことはやめましょう。

 

1回の遅延ならまだ審査に通る確率が高いですが、2回連続の遅延はかなり厳しくなります。

 

遅延が発生したなら早く返済して、悪い記録がなくなるまで申し込みは控えた方が良いでしょう。

 

記録は2年間残りますが、個人信用情報機関に申し出ることで、

 

個人情報の記録を確認できるようになっています。

 

また、3回以上の遅延を繰り返すと異動の記録が残り、

 

返済から1年間もしくは5年間消えなくなりますので、絶対に避けるようにしてください。

 

福井銀行カードローンの返済方法と増額審査 残高確認はどうしたらいい

 

カードローン(キャッシング)を比較するのであれば、何をおいても「金利」を外すことはできません。金利はカードローン利用時に必ず関係する要素ですが、この調節次第でカードローンを利用するリスクが大きく変わります。分かりやすく説明するために例を挙げると、次のようになります。

 

金利10%と20%の2パターンで100万円を借りる場合、前者の利息は単純計算で10万円ですが、後者は20万円です。金利の時点で2倍の差があるので利息も2倍の差が出るのは当然です。年間10万円も利息が変わるということは、それだけ返済が大変になってしまうということであり、返済不能に陥るリスクが高まることでもあるので極力避けた方が良いでしょう。となると、「基本的には金利が低いカードローンを選択する」ということになるわけですが、ここで適切な判断をするためには具体的な情報を基に比較検討する必要があります。

 

カードローンは、大きく分けると「銀行系」「消費者金融系」の2つに分けることができます。総じていえる違いとしては、「金利」「審査基準」「融資スピード」の3つがあります。基本的な特徴では、消費者金融系カードローンは「審査基準が低く融資スピードも高いが金利が高い」というもので、銀行系カードローンは「金利が低く融資スピードもそれなりに高いが審査基準が高い」というものです。要は、借りやすいが条件が悪いか、借りにくいが条件が良いかという違いがあります。

 

そういったことを踏まえて考えると、このカードローンを選択するメリットは比較的大きいといえます。銀行系カードローン特有の「低金利」が何よりも大きな魅力ですが、これによって利用中のリスクを軽減する効果が期待できことがポイントです。金利が低いことにより理想の発生を抑えることができるわけですが、これは何よりも大きなメリットになります。低リスクでカードローンを利用することができれば返済に滞る可能性が低くなり、それが最終的にさまざまなメリットをもたらしてくれるわけです。

 

しかし、いくら金利が低いといっても無駄なコストが発生する方法を積極的に利用していたのでは意味がありません。たとえば、返済方法は「ATM」と「銀行引き落とし」のどちらかを選択することができるわけですが、このうちATMの場合は手数料が発生する可能性があります。銀行引き落としの場合はスケジュールの融通が利かなくなってしまう反面、常に決まったタイミングで返済を行える点と手数料などのコストが発生しないというメリットがあります。

 

増額審査に関しては、「基準」が重要なポイントです。たとえば、契約時に与えられた限度額が10万円だったとして、20万円の借り入れを希望する時には限度額が不足してしまいます。こういった状況を解決する方法としては、可能な範囲の借り入れで収まるように工夫をするか、もしくは諦めるほかありません。根本的に限度額が不足している以上は仕方がないのですが、この状況を根本的に解決する方法が「増額」です。

 

増額することによって利用できる限度額が増え、希望している金額を借りられるようになる可能性があります。しかし、増額申請は行えば確実に承認されるわけではありませんし、結果が出るまでに時間がかかってしまう可能性もあり得ます。そういった関門をすべてクリアして初めて目的達成の可能性があるわけなので、そのあたりをしっかりと把握しておかなければいけません。

 

初回契約時に与えられた金額以上の限度額に変更するということは、少なくとも初回審査時よりも良い条件を提示できなければいけません。それができないのであればそもそも可能性がないということを覚えておきましょう。