福井銀行カードローンは勤務先連絡なしでお金を借りられる?

福井銀行カードローンは勤務先連絡なしでお金を借りられる?

 

福井銀行キャッシュの申し込みをする際には、わざわざ店舗に来店しなくても利用することが可能です。

 

福井銀行はその名前のとおり金融機関としてサービスを提供していますが、

 

一般の消費者に対してお金を借りやすいように少額融資のサービスを提供している面もあります。

 

実際に、一定金額の範囲内ならば来店不要で口座を作る必要もないですし、

 

しかも収入証明書を提出する必要もありません。

 

福井銀行に実際に行けばきちんと説明してもらえるので、不安がある人は実際に店舗に行って話を聞いて見ても良いでしょう。

 

福井銀行のような金融機関が少額融資のサービスを提供する際には、

 

キャッシングに関連する貸金業法の制限を受ける必要があります。

 

貸金業法というのは、金融機関に対して適用される銀行法とは異なった法体系によって考えられている法律です。

 

貸金業法に従えば簡易的な手続きだけでお金を借りることができるようになるので、

 

顧客の獲得の拡大を目指している金融機関はこの法律的な制度を利用して消費者に対して融資を提供していることが非常に多いのです。

 

これは福井銀行も例外ではなく、銀行特有の大型の融資だけではなく少額融資を提供することに力を入れています。

 

例えば、身近な少額融資のサービスとして有名なのはクレジットカードです。

 

クレジットカードの機能には、本質的に二つの機能が組み込まれています。

 

一つは、お金を用意しなくてもショッピングをすることができるショッピング枠という特別なわけです。

 

クレジットカードは、本来手元にお金がなくても

 

そのクレジットカードを保有している本人のステータスによって

 

ショッピングで買い物ができるようになる機能を有しています。

 

カードを出せばそのカードを通してショッピングをすることが可能で、必要になるお金は後からまとめて請求されます。

 

一方で、クレジットカードにはキャッシング枠という重要なもう一つの機能が搭載されているのです。

 

キャッシング枠というのは、その名前のとおりカードを利用して現金を直接的に借りるシステムのことを意味します。

 

ショッピング枠はお金を使わずにショッピングができるように考えられたものでしたが、

 

キャッシング枠は現金を借りて本人が好きな様にお金をつかうことを目的としていますので、

 

その歯とはショッピングに限定されているわけではありません。

 

そして、このクレジットカードに組み込まれているキャッシング枠というのは、

 

銀行で適用される銀行法と法律ではなく消費者金融などの貸金業者に対して適用される貸金業法が適用されます。

 

銀行がサービスを提供していたとしても、貸金業法の範囲内でサービスが適用されるわけです。

 

このように、基本的に銀行が少額融資を提供することは

 

法律的な競合を生み出さないのでサービスを提供することに関して問題となることはありません。

 

ただ、少額融資を利用するのならばあくまでも銀行ではなく貸金の範囲内で行う必要があるわけです。

 

これは銀行が金融機関だからといって変化があるところではありません。

 

 

元々、少額融資に関連する少額融資については

 

直接的に消費者と契約を締結する性質がありますので

 

どうしても消費者を過保護にしなくてはならない事情があります。

 

消費者にむやみにお金を借りることができる環境を与えてしまうと

 

好き勝手にお金を借りることができすぎてしまいますので

 

お金を貸す方としても不良債権が溜まってしまう危険性が高くなるからです。

 

こうなってしまうと金銭トラブルの大きな原因となります。

 

ですから、銀行などであっても少額融資が可能な企業では貸金業法を適用させて

 

双方が安全にサービスを利用することができるように工夫しているのです。

 

これによって、福井銀行からも安全にキャッシュすることが可能です。