東京スター銀行であえて限度額を低めに設定しておくやり方

東京スター銀行であえて限度額を低めに設定しておくやり方

東京スター銀行であえて限度額を低めに設定しておくやり方

東京スター銀行のスターカードローンという商品には、限度額があります。

 

いわゆる借りる事ができる限界額ですね。

 

ところでスターカードローンの申し込みをするとなると、もちろん審査が発生する事になります。

 

ただその審査の難易度は、上記の限界額と大きな関係があるのです。

 

例えば限界額を、30万円にしたいと思ったとします。

 

その時の審査の難易度を、仮に5だとしましょう。また限界額が40の時には、難易度7といった具合です。

 

ちなみに難易度の数字が大きくなれば、借りるのは難しいです。

 

つまり限度額を高めに設定しようとすれば、それだけ東京スター銀行で借りる難易度は、高めになってくる訳ですね。

 

このため人々は、しばしば限度額を低めに設定している事が多いようです。

 

最初の内は低めに設定しておいて、ある程度期間が経過したらそれを上げるようにするという考えです。

 

例えば最初の内は20万円で申し込みをしておき、東京スター銀行から借りれる状態にしておきます。

 

そして東京スター銀行で、ある程度利用実績を蓄積していきます。

 

ある程度の実績が構築されたら、今度は30万円や40万円の増額の申請をするといった具合です。

 

それも1つのやり方だと思います。

 

まずは審査に通るのが先決なのですから、最初の内は低めに設定しておくのも悪くないでしょう。

 

【みずほ銀行カードローン以外のお勧め銀行カードローン】

 

みずほ銀行カードローン

 

大垣共立銀行カードローン

所得の高低より安定が重要視される東京スター銀行

最近ある方が東京スター銀行のスターカードローンに申し込みをしているのですが、その方はその商品に関する事を色々と話していました。

 

そして東京スター銀行の審査に関連するヒントを話してくれていたのです。

 

実はその方の場合は、審査に通るのが難しいのではないかと考えていたそうです。というのもその方は、あまり所得が高くないのだそうです。

 

それほど年間収入が大きくないので、果たして借りる事ができるのがどうか不安だったようなのですね。

 

それでその方は、東京スター銀行に問い合わせをしてみたのだそうです。

 

すると、ちょっと意外な答えが戻ってきたようですね。

 

年間収入が低めになっていても、問題ないケースもあるのだそうです。

 

東京スター銀行としては所得の安定度を見ているので、たとえ所得が低めでも融資ができるパターンもあると伝えられたそうなのです。

 

それでその方は東京スター銀行に申し込みをしてみたのですが、本当に審査に通っていたようですね。

 

ちなみにその方は毎月20万円前後の、安定的な所得はあったようです。

 

つまり東京スター銀行の場合は年収の高低というよりも、むしろ安定性を重視している傾向がある訳ですね。

 

毎月継続的に安定的な所得があるならば、申し込んでみると良いでしょう。