東京スター銀行であえて限度額を低めに設定しておくやり方

 

東京スター銀行であえて限度額を低めに設定しておくやり方

東京スター銀行のスターカードローンという商品には、限度額があります。

 

いわゆる借りる事ができる限界額ですね。

 

ところでスターカードローンの申し込みをするとなると、もちろん審査が発生する事になります。

 

ただその審査の難易度は、上記の限界額と大きな関係があるのです。

 

例えば限界額を、30万円にしたいと思ったとします。

 

その時の審査の難易度を、仮に5だとしましょう。また限界額が40の時には、難易度7といった具合です。

 

ちなみに難易度の数字が大きくなれば、借りるのは難しいです。

 

つまり限度額を高めに設定しようとすれば、それだけ東京スター銀行で借りる難易度は、高めになってくる訳ですね。

 

このため人々は、しばしば限度額を低めに設定している事が多いようです。

 

最初の内は低めに設定しておいて、ある程度期間が経過したらそれを上げるようにするという考えです。

 

例えば最初の内は20万円で申し込みをしておき、東京スター銀行から借りれる状態にしておきます。

 

そして東京スター銀行で、ある程度利用実績を蓄積していきます。

 

ある程度の実績が構築されたら、今度は30万円や40万円の増額の申請をするといった具合です。

 

それも1つのやり方だと思います。

 

まずは審査に通るのが先決なのですから、最初の内は低めに設定しておくのも悪くないでしょう。

 

【みずほ銀行カードローン以外のお勧め銀行カードローン】

 

みずほ銀行カードローン

 

大垣共立銀行カードローン

 

所得の高低より安定が重要視される東京スター銀行

最近ある方が東京スター銀行のスターカードローンに申し込みをしているのですが、

 

その方はその商品に関する事を色々と話していました。

 

そして東京スター銀行の審査に関連するヒントを話してくれていたのです。

 

実はその方の場合は、審査に通るのが難しいのではないかと考えていたそうです。

 

というのもその方は、あまり所得が高くないのだそうです。

 

それほど年間収入が大きくないので、果たして借りる事ができるのがどうか不安だったようなのですね。

 

それでその方は、東京スター銀行に問い合わせをしてみたのだそうです。

 

すると、ちょっと意外な答えが戻ってきたようですね。

 

年間収入が低めになっていても、問題ないケースもあるのだそうです。

 

東京スター銀行としては所得の安定度を見ているので、

 

たとえ所得が低めでも融資ができるパターンもあると伝えられたそうなのです。

 

それでその方は東京スター銀行に申し込みをしてみたのですが、本当に審査に通っていたようですね。

 

ちなみにその方は毎月20万円前後の、安定的な所得はあったようです。

 

つまり東京スター銀行の場合は年収の高低というよりも、むしろ安定性を重視している傾向がある訳ですね。

 

毎月継続的に安定的な所得があるならば、申し込んでみると良いでしょう。

 

東京スター銀行カードローンの在籍確認 職場に電話される?上司にばれたくない

カードローンを利用する時に気になるのが在籍確認です。

 

カードローンを利用していることで会社での待遇が変わることはありませんし、

 

ましてや解雇になることなどあり得ませんので、その辺りの影響は心配いりません。

 

しかし、知られてしまった場合に周囲にどのように思われるのか、噂をされるのではないかと不安になります。

 

このような問題からカードローンを思うように利用できない人も多いようです。

 

東京スター銀行のカードローンは、条件さえ満たすことができれば即日融資を受けることも可能です。

 

カードローンタイプのスターカードローンと、ネットローンタイプのバンクベストがありますが、

 

その日のうちに融資が受けられるのはスターカードローンの方だけです。

 

即日融資を受けたい時にはスターワン口座を持っていることが条件になりますので、

 

使いそうな時にはあらかじめ東京スター銀行のスターワン口座を作っておくと便利です。

 

 

審査にかかる時間は、どちらも最短ならその日のうちに審査の回答を得ることができます。

 

即日融資を受ける場合には、既にスターワン口座を持っていて、銀行が営業されている日の9時半までにネット申し込みをしておかなければなりません。

 

簡単な流れとして、ネットか電話で申し込みをした後に仮審査が行われます。

 

仮審査で問題がなければ本人確認や在籍確認の電話が入り、必要書類の提出を求められます。

 

東京スター銀行の魅力ですね。

 

その後にオンライン契約手続きを行って、ローンカードが郵送されます。

 

スターカードローンでなくバンクベストの場合には、申し込み時にSMBCファイナンスサービス提供の口座振替の利用と、

 

返済様預金口座の登録が必要となります。

 

基本的な流れが分かったところで、在籍している会社への確認ですが、

 

スターカードローンもバンクベストも必ず本人確認の電話と在籍確認が行われます。

 

会社への電話は、申し込みをした時に記入した勤め先に個人の名前で電話がかかってきます。

 

ですから、周囲の人や上司が電話に出たとしてもそれがカードローンの利用だとは分からないはずです。

 

消費者金融の場合には在籍確認が行われないこともありますので電話を受けることなく利用できるのではないかと期待してしまいますが、

 

銀行のカードローンを利用する場合には電話があると考えておかなければなりません。

 

本人がいる時に電話がかかってくれば直接自分で出て受け答えをすることができますので、これがもっともベストな方法です。

 

しかし、他の人が出ても、本人が会社に在籍していることが分かれば良いのですから

 

外出中や席を外しているなどと答えてもらえればそれでOKです。

 

このような内容であっても会社に電話がかかってくることは避けたいという場合には、

 

基本的に銀行のカードローンを利用することは難しいかもしれません。

 

その場合は、大手の消費者金融で電話での在籍確認が行われずにカードローンを利用できるところを探すのが

 

現実的な方法かもしれません。

 

 

東京スター銀行で即日融資可能?収入証明書類必要か 安心してキャッシングしたい

 

近年は、お金を借りる場所はたくさんありますがキャッシングなどが主に利用されている傾向にあります。キャッシングは、今までの住宅ローンなどとは異なり保証人を必要としないため簡単に変えることができるのがポイントです。保証人といっても、一見簡単に用意できそうでなかなか保証人になってくれる人はいません。

 

つまり、今までお金を借りてみたかったけどもなかなか借用することができなかった理由の一つは保証人が必要だったごとといえるでしょう。基本的に、身内などが保証人になる傾向がありますが、そうはいってもなかなか引き受けてくれる人はいないでしょう。つまり、いくらお金を貸す制度が整っていても保証人の壁が厚くなかなか崩すことができないため借りることが不可能なわけです。

 

これに対してキャッシングの場合には、保証人が必要ありませんので安心して借り入れることができます。それ以外でも不動産担保などを必要とする場面もありますが、当然ながらキャッシングに不動産担保が必要ありません。

 

キャッシングをしているところは金融機関の中でも消費者金融が多い傾向にありましたが、最近は少し状況が変わってきています。最近は金融機関の中でも銀行が積極的に行っていることが多く、むしろ銀行の場合の方が条件が良いことがありますので消費者金融と銀行の両方を検討してみることが重要です。銀行の中でも注目するべき銀行の一つが東京スター銀行になります。東京スター銀行は、地方銀行の一つですが規模も大きく知名度が高いのが特徴になります。

 

そこで、実際にお金を借りる場合に知っておきたことの一つは即日融資が可能かどうかですが大手に関しては不可能といえるでしょう。審査をするときには即日融資のところが増えていますが、東京スター銀行の場合には審査の結果が出るまで1週間程度かかることがありますので簡単に借りることはできません。とはいえ、時間がかかるだけで審査自体をそれほど厳しいものではありません。

 

条件としては、20歳から64歳までの人がお金を借用することができます。最近の消費者金融の流れからすれば、69歳までお金を借用している傾向があるため若干年齢制限は厳しいものになりますが、やはりその点は銀行だからといえるでしょう。

 

条件としては、定期収入も必要になりますので継続的な収入があった方が有利になります。どの程度継続的な収入が必要かですが、基本的に3カ月以上継続して働いていれば問題ありません。これは、正社員でなくてもアルバイトやパートそして最近増えてきた契約社員などでも同じ条件になりますので、アルバイトやパートだからといってあきらめてはいけません。

 

書類がいくつか必要になりますが、その長い収入証明書類が必要か問題になるところです。基本的にある程度大きな金額の時に必要になってきますが50万円程度ならば特に必要はないと考えるべきです。ただし、給料の明細書などが必要になってきますので事前に用意しておくことが重要になります。源泉徴収票に関しては用意する必要ありませんので源泉徴収票を持っていなくても心配ないでしょう。

 

借入件数は、最大で4件程度になりますのでほかの金融機関から3カ所程度まで借りている場合にはそのまま問題なく借りることができます。ですがそれ以上多く借りている場合には、借入額も大きくなるだけでなく信頼関係にも影響を及ぼしますので安易に融資することはありません。

 

銀行側としても、過去のデータから4件程度の借り入れならば返済できる人は多くなるけどもそれ以上の借り入れをしている人は返済する可能性が低くなるため貸さないとしている可能性があります。

 

ただ、実際には4件になるかは過去のデータから判断したもので銀行側が提示している条件ではありません。常識的に考えれば、多重債務者ほど不利になるのは間違いありませんので可能なかぎりほかの所から融資を受けていない段階でお金を借りるのがベターになります。

 

融資を受ける総額ですが、基本的に総量規制は適用されない状態になりますので年収の1/3を超えても特に問題がないと解釈されています。そのため、年収が300万円の人でも100万円程度ならばお金を借りることができるわけです。ただし、極度額と呼ばれるものが存在しており、最初からそれだけの金を借り入れることはできません。

 

東京スター銀行としても、信頼関係をもとにしてお金を貸すことになりますので、まだ初めて借りる場合や2回しか借りたことがない場合などは信頼関係が十分にできているとは言えないわけです。そうすると、最初からたくさんのお金を貸すわけにはいかずせいぜい10万円程度の貸し付けにあることが予想できます。

 

ただし、借りたお金を期限前にしっかりと解していればやがて増額し30万円ぐらいまでのお金が借り入れることができるようになるでしょう。さらに時間が経過し、毎回返済できているとわかれば最終的に100万円ぐらいまで借りることができるようになります。このように、限度額と呼ばれるものと極度額は少し意味合いが異なりますので解釈を間違えないようにするべきです。