事業者ローンにおける無担保とは?初心者必見のキャッシング

 

事業者ローンとは、個人事業主や自営業者、法人経営者が事業の開始、継続を目的にお金を借りることができるローンです。

 

ビジネスローンとも呼ばれています。

 

事業をスタートするに何かとお金がかかります。

 

自己資金だけで設備投資や運転資金を捻出するのは困難であり、こうした事業者ローンが助け舟となります。

 

政策金融公庫なども助けとなりますが、急ぎの融資であれば、事業者ローンのほうが早いです。

 

誰もが知っている大企業でも、金融機関からの借入なしで事業を継続している会社はなかなかありません。

 

中には無借金経営とうたっているところもありますが、ごく少数です。

 

中小企業ともなると尚更です。

 

事業は利益を出すことを目的にしており、時には大きな投資も必要になります。

 

量産するための機械や大量納品などが必要資金に当たります。

 

例えば毎月100個程度しか売れなかった商品が、突然2000個売れたとしましょう。

 

普段の20倍の売上が確保できるのですから、

 

フル回転で生産し、客が求める納期までにおさめなければなりません。

 

しかし、商品をつくるにはお金がかかります。

 

材料費、人件費、電気代などです。

 

単純にいつもの20倍のお金がかかることになります。

 

残業対応で生産すれば、それ以上でしょう。

 

しかし、その後の事業拡大につながる第一歩ですから、何としてでも生産しなければなりません。

 

材料費や人件費は、先方から商品の代金が振り込まれるよりも先に必要になります。これがいわゆる先行投資です。

 

 

このように急に資金が必要になった時、融資してくれるのが事業者ローンです。

 

ビジネスローンとも呼ばれます。

 

事業者向けローンを扱っているのは

 

公的機関、銀行、信用金庫、ノンバンクなどです。有担保のものもあれば、無担保のものもあります。

 

担保とは、万が一返済が滞った際に代わりに差し出すものです。

 

会社や事業主自身が所有している不動産が担保になることが多いです。

 

万が一資金繰りが悪くなれば、会社も自宅も失うことになります。

 

公的機関や銀行の融資では担保を求められることが多いですが、低金利でまとまったお金を借りることができます。

 

それに対して主にノンバンクで提供している事業者向けローンは、担保も保証人も不要なケースがほとんどです。

 

それぞれに特徴があり、状況に合わせて使い分けることが大切です。

 

事業者ローンの特徴や種類、選び方などを見ていきましょう。

 

まずは公的融資、銀行ですが、低金利ですので理想的な借入先と言えるでしょう。

 

担保が必要であることに抵抗がなく、資金調達を急いでいない時は、真っ先に選ぶべきローンです。

 

担保が必要なローンは、担保価値を調査する時間が必要で、相対的に審査に時間がかかります。

 

資金調達を急いでいない時に、と述べたのはそのためです。

 

事業者ローンの審査に通れば、無担保ローンに比べるとはるかに多額で、返済期間が長い借入ができます。

 

無担保の事業者ローンを扱っている銀行もあります。

 

有担保に比べると金利は高いですが、

 

ノンバンク系の無担保ローンよりは低金利ですので、検討の余地はあります。

 

しかし、誰もが利用したい低金利の審査が厳しいのがネックです。

 

審査にかかる時間も長く、当日融資ということはまずありません。

 

やはり時間に余裕がある時に選ぶべきでしょう。

 

 

ノンバンク系の事業者向けローンは、審査がスピーディーであること、担保や保証人が不要であることがメリットです。ビ

 

ジネスローンでありながら即日融資が可能な場合もあり、急に資金が必要になった場合には重宝します。

 

但し、銀行に比べると金利が高く、融資可能額も少なめです。

 

担保がありませんので限度額が少ないのは仕方がないにしても、金利が高いのは考えものです。

 

事業を成功させるための借入ですので、せっかくの利益が金利で消えてしまうのは避けなければなりません。

 

急に資金が必要になった時に利用し、すぐに返済するのが賢明です。

 

 

ノンバンクとは、預入や振込といった銀行業務は行っていない、融資専門の金融機関のことです。

 

消費者金融や信販会社、住宅ローン融資専門の会社などがあります。

 

銀行に比べてメリットがなければ、誰もノンバンクでお金を借りません。

 

金利が高いのはネックですが、それ以外のメリットは大変魅力的です。

 

融資が早いこと、審査基準が銀行に比べると低いことは、事業の成功を左右するほどの利点です。

 

ここぞという時には活用すると良いでしょう。

 

 

ノンバンクの無担保型事業者ローンでも、商品の特徴はいろいろです。

 

基本的に保証人は不要ですが、中には法人の場合のみ代表者が連帯保証人にならなければならないローンもあります。

 

対象者は個人事業主なら年齢制限がない場合、

 

事業主で且つ年齢が一定の範囲内である場合、

 

事業を始めてから一定の年数が経っていなければならない場合があります。

 

融資対象に適しているかを確認すべきことは言うまでもありません。

 

 

事業者ローンの金利は最大で15〜18%程度、最小で6〜13%程度です。

 

6〜15%、13.〜18%などと幅があるのが普通です。

 

適用される金利がどの程度になるのかを見極めることも、ビジネスローンを選ぶポイントと言えるでしょう。

 

いずれにしても、初めての取引で最低の金利が適用される可能性は低いので、金利は高めだと覚悟しておきましょう。

 

つなぎ融資としてのみ利用するのが理想です。

 

 

事業者ローンは無担保で借りれる?ラーメン屋の開業資金を借りたい場合

 

ラーメン屋を開業する場合、開業資金はそれほど多額にはならないことが1つの魅力です。

 

ラーメン屋は、すでにおいしいラーメンを作れるノウハウなどを持っている場合には、

 

潰れにくく、仮に失敗をしたとしてもそれほど損失は大きくなりません。

 

もちろん、ケースバイケースであり、大規模なお店を開いた場合などには、

 

成功すれば大きい半面で、それなりにリスクは高くなります。

 

ラーメン屋を開業するのに必要な資金は、資金を抑えていえば、およそ100万円程度で足りると言われています。

 

一括で準備ができれば一番良いですが、場合によっては事業者ローンで借りる必要があるでしょう。

 

銀行から融資を受けられたら理想ですが、メガバンクなどは基本的に大企業を相手にしています。

 

借りられる可能性があるとすれば、地方銀行か信用金庫になるでしょう。

 

特に信用金庫は地域密着型の金融機関であり、

 

主に中小企業を相手に融資を行っているので、相談にのってもらえる可能性は高いです。

 

銀行の事業者ローンの場合、借入する金額が大きくないならば無担保で借入することも可能ですが、

 

基本的に会社の代表者が連帯保証人になる必要があります。

 

大きな金額を借りる場合には、土地や建物を担保に入れる必要があるでしょう。

 

銀行の事業者ローンの場合には、事業年数は最低でも3年は必要であると言われています。

 

法人口座を作成するための審査でも、事業年数は1年は必要になるので、新規開業の人には向いていません。

 

地方銀行ならば相談にのってもらえる可能性もありますが、基本的に銀行は新規開業の人には冷たいと言われています。

 

信用金庫の事業者ローンならば、新規開業の人にも積極的に融資をしてくれる可能性があります。

 

ラーメン屋の開業資金としては、100万円あれば足りることもあるので、可能性はそれなりに高いでしょう。

 

銀行の事業者ローンは多くの場合に法人にしか対応していませんが、信用金庫なら個人事業主にも対応していることがあります。

 

もう1つの方法として、個人向けの銀行カードローンや大手の消費者金融のカードローンなどを利用するという方法があります。

 

個人向けのカードローンは、資金使途が自由ですが、事業資金としては使えません。

 

そのため、そのままラーメン屋の開業資金を借りるということはできません。

 

しかし、事業主の生活費を借りることはできますので、

 

生活費をカードローンで借りることで、間接的に事業資金のほうを浮かせることができます。

 

サラリーマンをやっていて、それなりに長い期間勤務している人ならば、

 

条件の良い銀行カードローンを借りられる可能性があります。

 

新規開業で事業者ローンを利用するよりも、

 

個人向けの銀行カードローンで低金利で借りたほうが、利息を節約できる可能性が高いでしょう。

 

信用金庫で融資を受ける予定の人も、絶対に審査に通るとは限らないので、あらかじめ個人向けの銀行カードローンなどを作っておくと良いでしょう。

 

無担保ローンは労金でかりれる?種類と限度額、審査の注意点など

 

労金は労働金庫の略で基本的に銀行と殆ど同じ役割を果たしています。基本スタンスが違っているサービスで労働組合や生活協同組合の働く仲間がお互いを助け合うために設立されたものです。特に働く方をターゲットにして生活を支えるのが目的となっています。

 

一般の方に撮って使いやすいポジションにある労金でも無担保ローンを行なっているのが特徴です。本来ローンを利用するときには担保が必要になる場合がほとんどと言えます。

 

無担保ローンは担保が必要ないフリーローンで審査や融資スピードがあり即日融資も可能です。労金で扱うキャッシングサービスはカーライフローンと呼ばれるものがあります。

 

こちらは返済期間が10年以内で金利タイプは変動金利型が年2.4%生協会員か組合委員は年2.6%です。一般の労働者が一番高く年3.675%となっています。マイカーやバイク購入するときに使えるサービスで中古車も該当する、保険者修理も可能です。

 

教育ローンは入学金や授業料を支払うときに使えるもので留学費用や学用品の購入費用にも使えます。

 

返済期間は20年以内変動型のみで団体会員の構成員の方は2,9%m生協会員は3.18%です。

 

他に教育ローンは証書貸付型が用意されていて固定金利型と変動金利型が用意されています。

 

年金利は2.2%から2.9%一般労働者は3.9%となっているのが特徴です。

 

住宅ローンをリフォームしたいときに利用できるリフォームローンは20年以内の返済期間で固定と変動型がある、

 

年2%から3.1%まで設定されているので覚えておくといいでしょう。

 

無担保住宅借換ローンは20年以内で固定と変動型年1.9%から2.9%まで、福祉ローンは10年で固定と変動があります。

 

使いやすいフリーローンは限度額が500万円までの設定で低金利の内容となっているのが特徴です。

 

ショッピングやレジャーをするときにお金が必要といった場合に使えるのがメリットといえます。

 

全国の金融機関やコンビニにあるATMから使える、引出手数料がキャッシュバックされるメリットも強みです。

 

団体会員の方なら最大引き下げ後の金利が年3.875%から7.075%まで生協会員の方は4.055%から7.255%、一般労働者は年5.275%から年8.475%となっています。

 

一般的なショッピングや冠婚葬祭、リフォームから教育資金といったものに使えるのですが事業資金や投機目的では使えないです。

 

借りるときに気になるのはローン審査といえるでしょう。他の金融機関や銀行のように審査が設けられているので合格しないとだめです。

 

大手金融機関の無担保ローンでは独自のスコアリングシステムを採用しているのですばやく融資をしてもらえる場合が殆どとなっています。

 

労金ではそのようなシステムはなく少しばかり時間がかかってしまうので注意です。

 

仮審査を行なってから本審査をしますが、仮審査が1週間といえます。本審査も同様に1週間位なので合計すると2週間はかかると考えておくといいでしょう。

 

店舗から申し込みをする事ができるのですが団体会員ならインターネットから申し込みが可能です。

 

基本的に18歳から65歳未満の方が利用できるサービスで最低でも150万円以上の収入がないといけません、必要になる勤務実績も1年以上で自営業なら3年以上です。

 

職業に関しては制限がないため安心で契約社員やパート、アルバイトでも条件を満たせばローンを利用できます。

 

審査の詳しい内容は公開されていないので一般の方は確認できないです。他の金融業者同様の条件を満たしていると通過する可能性は高いと言えます。

 

過去にクレジットカードを使っている場合滞納をしていないことに気をつけましょう。

 

事業者ローン在籍確認の電話ある?ビジネスローンを即日借りたい 審査基準 決算書必要?

 

中小企業の経営者やこれから起業を検討する人たちにとって事業資金をどうするかは大問題です。銀行からの融資を待とうにも時間がかかるケースもあり、悠長なことは言っていられない場合もあります。そんなときにおすすめなのが事業者ローンです。

 

事業者用のキャッシングであり、これを利用することで手軽に事業資金を確保することができるようになるというものです。ビジネスローンを即日で利用したい場合に、様々な審査基準があり、それに伴って用意すべきものがある一方、消費者ローンを使う際に存在する確認の電話の有無なども知っておきたいところです。

 

ビジネスローンのいいところは保証人や担保などがなくても利用できる点です。そのために即日で利用できるようになり、銀行ほど審査も厳しくありません。

 

即日で利用できるところは多少少なめにはなっていますが、それでも可能なところはあるため、急に運転資金が必要になったケースでは活用しておきたいところです。

 

保証人や担保を用意しなければ利用できないのが銀行の融資であり、確保するだけで相当大変ですが、キャッシングそのものは担保などを必要としていません。そういった点でもメリットが大きいのがこのビジネスローンです。

 

次にここで借りるお金は総量規制には含まれないということです。総量規制は個人の年収に関するものであり、法人でビジネスローンを利用したからといってもそこには含まれません。そのため、ビジネスローンの場合はたとえ経営者であっても簡単に審査を受けられることになります。

 

最大のポイントはビジネスローンでの利息を経費にできる点です。多少の利息が発生したとしてもそれを経費にすることで、多少利益が出たとしてもそれを押し下げることが可能です。銀行の融資で苦戦を強いられそうな人やまだなにも実績がなく困っている人、すぐにでも運転資金を確保したい人にとっては必要なものです。

 

では、ビジネスローンでどのようなものが必要になるかですが、返済能力と会社の状況をチェックするものが必要になります。経営者の場合は収入証明書が必要であり、会社の状況を満つ場合には決算書や事業計画書、登記簿謄本などが必要です。実際の審査基準は経営者の状況と会社の状況それぞれでチェックを受けます。

 

ここで重要なことはたとえ経営者当人の状況がよかったとしても、会社の状況が悪ければ審査に影響を与えるということです。もちろん銀行の融資よりは緩やかではあるものの、両面でチェックが行われ、経営者がこれまでに返済を遅らせるようなことをしていては厳しいです。

 

経営者に関する審査基準はキャッシングと何ら変わりません。年収がいくらかや他社からどれだけ借りているかをチェックされます。在籍確認もこの段階で行われることがありますが、一般的な消費者ローンとは違い、さほど問題にはならないことが言えます。

 

個人事業主の場合は自分だけが従業員であり、そこに電話がかかるようにしてしまえば在籍確認の意味がありません。例えば家族に内緒で事業者ローンを借りる、個人事業主であることすら隠したい場合など特殊な場合であれば注意しなければなりませんが、そのあたりもオブラートに包んだ形で在籍確認をしてくれます。

 

ビジネスローンで重要になる会社の状況がどうなっているかですが、登記簿謄本や決算書、事業計画書をチェックします。登記簿謄本を見れば会社のベーシックな状況が分かり、決算書を見ればこれまでの事業がどのようになっているかをチェックでき、事業計画書を読めば将来性がわかるようになっています。

 

これらをチェックすることで会社の状況や勢い、返済能力などを確認できます。ここで返済は十分に行えると判断されればゴーサインが出されることになります。決算書は必ず必要であり、それがない中ではビジネスローンを組みたいと思っても難しいと言えます。

 

例えば、赤字であってもビジネスローンは組めます。これが組めるのは書類などを見て返済能力があることや赤字がたまたまなものであると判断してもらえるからです。しかし、すべてのビジネスローンで認めてもらえるとは限りません。赤字になった段階で審査すら受けさせてもらえないケースもあるためです。また経営母体によっては赤字でも認めてくれるところとそうでないところではっきり分かれる傾向にあります。銀行系は厳しく、ノンバンク系消費者金融系は緩いケースもあり、銀行の融資で厳しくチェックを受けるということは事業者ローンであったとしてもそれは同じということです。

 

決算書を必要としないビジネスローンがあったり、返済期間が長めに設定されているものがあったりしますが、どこのビジネスローンでも認めてもらえるような形にするには、用意すべきものは用意し、返すべきものは返すことを徹底することです。そうしたことを行っていれば、たとえ経営を始めて日が浅くても認めてもらえるようになります。