アプラス在籍確認ある?勤務先にばれずにキャッシングしたい

 

アプラス在籍確認ある?勤務先にばれずにキャッシングしたい

自動車ローンなどで利用することの多い「アプラス」ですが、キャッシングを目的として利用することも可能です。

 

とは言え、基本的にクレジットカードになるので、作成したからと言って必ずしもキャッシングを目的にしなければいけないという訳でもないので、

 

消費者金融や銀行のカードローンを申し込む場合と比べると若干ですが契約までのハードルは低くなります。

 

アプラスの在籍確認に関してですが、「在籍確認はあるのかないのか」と言う質問に対しては「ある」と言う回答以外はあり得ません。

 

現在、総量規制の影響を受けるものに関しては、いかなる状況においても在籍確認が行われます。

 

金融庁からの御達しで、在籍確認は法律で義務付けられてしまっています。

 

どの金融会社においても、金融庁から目をつけられている以上は、嫌だと思っても受けざるを得ない状況です。

 

ただし、「職場に電話がかかってくる」という事が確定してしまっていると言う訳ではありません。

 

そもそも在籍確認とは、「その会社本当に勤めているのかどうかを確認する」と言うものではありますが、必ずしも電話をして確認しなければいけないという決まりはありません。

 

多くの状況で電話によって確認が行われている状態ではあるものの、それは「より確実性の高い結果を簡単に得られるから」と言うのも主な理由です。

 

しかし、電話を掛けるという事は電話代や人件費が必要になってくるため、アプラスとしても進んで電話を掛けたいと思っている訳では無い為、場合によっては「電話確認なし」で契約できる可能性は十分にあります。

 

つまりは、「在籍確認はあるが、電話がかかってくるとは限らない」という事になります。

 

例えば、消費者金融の中には「通常よりも多くの書類を提出してもらうことで確認とする」と言うところがあります。

 

当サイトで紹介している、消費者金融ですね

 

→ 勤務先連絡なしカードローンをチェック

 

消費者金融の場合は即日融資やスピード融資、来店不要などがウリになることが多いのですが、逆に「電話で確認される」という事が利用をためらわせる大きな要因になっていました。

 

マイカーローンや住宅ローンの利用、クレジットカードの作成という状況であれば誰しも利用するものなので引け目はありません。

 

それ以外の目的のために利用する「借金」の場合は、どうしても周囲に対して内緒にしたいと考えることが多くなります。

 

電話で確認が行われることで「借金がバレてしまうのではないか」と言う不安やストレスを感じる機会が多くなるのですが、電話確認なしで契約できることでそういった不安を大幅に解消することが出来ます。

 

このような場合、通常は運転免許証などの本人確認書類だけで契約できるという状況が多いですよね。

 

それに加えて「給与明細書、社会保険証、組合保険証など」の会社名が確認できる書類の提出が必須となります。

 

また、収入を証明する書類についても数か月分が必要になるなどの面倒さが増えてしまう状況です。

 

しかし、書類の提出だけで全ての確認を完了することが出来るという事はメリットの方が大きいと感じられる状態である為、特に借金に対して慎重な対応をしたいと考えている人などには非常に人気があるものです。

 

アプラスの場合はクレジットカードですので、契約をしたからと言って必ずしも利用されるという状況にはなりません。

 

その為、消費者金融などの直接的な借金に関する状況とは少し違ってくるため、確認については比較的緩やかな環境になっています。

 

申し込み時に確認する内容の中には、確認が行われるということが記載されているものの、実際には「確認(申告)はするが事実確認(電話)まではするかどうかわからない」という状況です。

 

電話確認が無ければ良いのですが、電話確認が行われても良いような態勢を整えておいた方が賢明です。

 

ただ、どうしても電話確認をしてほしくないという場合は、その旨を伝えたうえで確認が取れる書類を準備すればそれで対応してもらえる可能性もあります。

 

 

アプラスカードローンは必ず在籍確認があります。より勤務先への電話連絡に融通を利いてくれるのは下記大手消費者金融です

 

→ プロミスカードローン勤務先連絡

 

→ SMBCモビットカードローン 勤務先連絡

 

→ アイフルカードローン勤務先連絡

 

→ アコムカードローン勤務先連絡

 

クレジットをリボ払いで返済する方法がお得?金利あまり払いたくない

 

最近クレジットカードを賢く活用する人が増えているようですが、クレジットカードにはさまざまな返済方法があります。

 

手数料がつかないことから、一括払いを指定する人が多いようですが、近年ではクレジットカードの支払い方法としてリボルビング払いを活用するという人もいるようです。

 

返済方法にリボルビング払いを使った場合、手数料がかかることに要注意です。

 

事前に決めておいた支払い額を超過しない金額だけが、月々の支払い額になります。一度に借り入れ可能な金額以下なら、繰り返し借り入れをすることができます。

 

どのようにリボルビング払いをするかは、もう少し細分化ができます。

 

毎月一定額を返済する定額リボルビング方式、毎月借入残高に対する一定率を返済する定率リボルビング方式、利用残高によって返済額や率が段階的に変わる残高スライドリボルビング方式の3つです。

 

月々の返済額を算出する時に手数料を含んで計算する場合と別個で計算するものが、定額リボルビング方式にあることも注意をしましょう。

 

月の返済額を決める時に、完済までの残高における一定の割合という形にすることが、定率リボルビング方式の特色であるといえます。

 

借入金額が大きく、月々の返済金額が一定段階を過ぎると引き上げられる形式が、残高スライドリボルビング方式で、計画的な返済が可能です。

 

この返済方法ならば、クレジットの返済が積もり積もって返しきれなくなることはありません。

 

月々の返済方法をやりやすい方法に設定することによって、より快適にクレジットカードを使うことができるでしょう。

 

クレジットの分割払いでの返済方法ってお得?

クレジットカードの返済方法にはいくか種類があります。クレジットカードの返済方法は一括払いがよく使われますが、次いで多いのが分割払いです。

 

分割払いにすることで、リボルビング払いのような使いやすさからくるカードの使い過ぎを防ごうとする人もいます。

 

分割払いの設定はカード決済ごとに決定するため、繰り返しカードを使っていると、月々の返済金額が累積し、家計を圧迫してしまうことも珍しくないと言われているようです。

 

そのため、クレジットカードを使いすぎないように気をつけようという気持ちが働きます。

 

リボルビング払いで返済をすると、月々の返済金額が一定額以上にならないので、つい軽い気持ちでカードを使ってしまいます。

 

1回のショッピング額の返済総額を比較すると、分割払いのほうが実は返済総額が多くなることも少なくないようです。

 

アドオン方式という計算の仕方が、一般的に分割払いで返済をする時には用いられています。

 

まず最初に利息分を支払い、その間は元金に対する利息は通常通り計算するのがアドオン方式の特徴です。

 

もしも実質年率でその手数料を計算し直すと、高金利で借り入れたことになってしまうものもあります。

 

手数料が支払いにどのくらい含まれているのか、クレジットカードの恩恵を被る時には知っておくことです。

 

どんな返済方法が望ましいかは人によって違いますが、借入金にできるだけ手数料かプラスされないようにすることで、返済の負担を軽減できます。