ちば銀行は在籍確認あり?勤務先に連絡されたくないカードローンなら

ちば銀行は在籍確認はあります 勤務先にばれずにキャッシングしたい、職場に連絡されたくないカードローンは

 

ちば銀行カードローンは審査時に在籍確認を行うのか気になるところです。

 

勤務先に電話されるとなると職場の人達に借金している事がバレルのではないか?

 

これが気がかりで申し込みを躊躇している方も多いでしょう。

 

今回はちば銀行カードローンの在籍確認について解説していきます。

 

 

まず結論から言いますと、ちば銀行カードローンでは必ず在籍確認は行われます。

 

在籍確認は千葉銀行に限らず、正規の金融機関であれば間違いなくあると思ってください。

 

 

お金を貸す側が審査で最も気になるのは、申し込み者がきちんと定職に就いているかどうかです。

 

当然ながら無職の人にお金を貸す訳にはいきませんから、きちんと働いて収入を得ているかは確認しなければいけません。

 

申込書には勤務先の情報を記載しますが、嘘をついている可能性もありますので、

 

実際に勤務先の会社に電話で連絡を入れます。

 

 

 

カードローンは以前に比べ、かなり身近な存在になったと言えます。

 

テレビCMなどのおかげもあってか気軽に借りられる方法として認知されてきていますよね。

 

ですから今時カードローンを使っているからと言って周りから白い目で見られることはそうはないかと思います。

 

 

 

ただ、それでも自分が借金していることを周りの人に知られるのは避けたいと言うものです。

 

まだまだ借金に対するイメージはよくありませんから、カードローンを利用していることは内緒にしておきたいもの。

 

それは家族だけでなく勤務先の従業員に対しても同じことがいえます。

 

 

 

ちば銀行カードローンの在籍確認は必ずある!

 

 

 

ちば銀行カードローンでは在籍確認は電話連絡となります。

 

金融機関によっては社員証など会社に在籍していることを証明できる書類でも対応してくれるところもありますが、

 

千葉銀行ではそのような対応は取っていません。

 

ですから必ず勤務先に電話されるということになりますね。

 

 

 

「じゃあ職場の人にバレルの覚悟で利用するしか無いの?」

 

と、思うかもしれませんが、実際そこまで心配されることはないです。

 

と言うのも、金融機関も利用者のプライバシーに配慮してくれていますので、

 

出来るだけカードローンの利用だとバレないように電話してくれます。

 

 

 

まず基本的には担当者個人名を名乗って電話します。

 

但し希望があれば行名を名乗って在籍確認してくれます。

 

消費者金融の場合は社名を名乗ってしまうと借金していることがほぼ間違いなくバレてしまいます。

 

第三者に借金の事実を伝えることは法に反しますので、消費者金融では絶対に社名を名乗りません。

 

ですが銀行の場合は行名を名乗ることもあります。

 

銀行は消費者金融とは違い個人への小口融資のみを行っているわけではありません。

 

ですから銀行からの電話=借金とは結びつかないわけです。

 

 

 

会社によっては個人名を名乗る電話には対応しないケースもありますので、そうなると在籍確認が出来ません。

 

ですからその場合は、行名を名乗って在籍確認してもらうようにお願いすると良いです。

 

 

 

在籍確認の電話は本人が出なくても特に問題ありません。

 

勤務中は席を外していて電話に出られないことも多いでしょうから、

 

その場合は、電話に出た従業員が在籍していることを伝えてくれれば在籍確認は終了となります。

 

具体的には以下のとおりです。

 

 

 

 

ローン担当者「もしもし私鈴木と申しますが、田中さんはいらっしゃいますか?」

 

従業員「田中は只今、席を外しています」

 

在籍確認はこれで完了です。

 

席を外しているということは、その会社に在籍していることを証明できていますのでこれでOKなのです。

 

 

 

もし本人が電話に出た場合でも、その場で話すことはしません。

 

在籍確認の電話であることを伝えるだけで、氏名や住所の確認やカードローンの説明をすることはないです。

 

 

 

在籍確認と聞くとどうしても身構えてしまいますが、あっけないほど簡単に終わります。

 

用件を問い詰められても上手くごまかしてくれますので、バレルことは先ず無いと思って良いでしょう。

 

 

ちば銀行カードローンの必要書類について

 

 

ちば銀行カードローンの審査にはどのような書類が必要かご存知でしょうか?

 

カードローンの場合、他のローン商品と違い基本的に簡単な書類のみで審査を受けることが出来ます。

 

ここではちば銀行カードローンの必要書類について見ていきましょう。

 

 

審査を受けるには、ちば銀行に対して各種個人情報を提出しなければいけません。

 

申込用紙に個人情報を記載して提出しますが、それだけでは心もとないので、

 

記載された個人情報に間違いがないか行政機関が発行した確認書類が必要となるのです。

 

ちば銀行カードローンの審査で必要となる書類は、大きく本人確認書類と収入証明書の2点となります。

 

基本的に審査で必要となる書類は本人確認書類となる身分証明書だけです。

 

借入金額が高額となれば収入証明書も必要になる場合がありますが、ちば銀行では原則収入証明書の提出は不要としています。

 

またもし必要になる場合の金額の条件の記載も特にありません。

 

 

では身分証明書とは具体的にどういった書類が認められているのでしょうか?

 

ちば銀行カードローンでは、

 

運転免許証・パスポート・身分証明書・資格証・在留カード・住民基本台帳カードが本人確認書類として有効です。

 

本人確認書類として最も優先されるのが運転免許証ではないでしょうか。

 

カードローンに限ったことではなく、身分証が必要となる手続きでは幅広く対応できます。

 

運転免許証をお持ちでない場合はパスポートも問題なく使用可能です。

 

外国人の方は在留カードが本人確認書類として有効です。

 

また意外と知らない方も多いですが、住民基本台帳カードも身分を証明する書類として使用できます。

 

健康保険証はちば銀行カードローンでは身分証明書として有効とされていません。

 

カードローンの身分証明書では健康保険証が使われることが多いですが、

 

ちば銀行カードローンでは健康保険証は無効なようです。

 

これはちば銀行に限ったことではなく、法律改正により顔写真付きでない書類は本人確認書類として使用できなくなっています。

 

中には健康保険証も有効しているカードローンもあるようですが、

 

今まで大丈夫だったところでも法改正によって使用できなくなっているところは増えていますので気をつけてください。

 

提出する本人確認書類に記載された住所と現在の住所が異なる場合は、追加で提出する必要書類があります。

 

ちば銀行カードローンでは具体的に書かれていませんが、住所が異なる場合に併せて必要となる書類は以下のとおりです。

 

電気・ガス・水道・固定電話・NHKなど公共料金の領収書、

 

社会保険料の領収書、国税・地方税の領収書、納税証明書のいずれか1点です。

 

いずれも6ヶ月以内のものが有効となりますので、提出の際は間違えないように注意してください。

 

 

希望する融資金額や場合によっては収入証明書が必要になります。

 

実は消費者金融と銀行カードローンとで収入証明書が必要となる基準が違います。

 

消費者金融の場合は、希望融資限度額が50万円を超える場合

 

もしくは他社借入額と合算して100万円を超える場合に収入証明書が必要となります。

 

これは貸金業法で定められていますので、消費者金融やクレジットカード会社等の貸金業者はどこも同じです。

 

 

では銀行カードローンの場合はどうでしょうか?

 

銀行カードローンは、収入証明書提出の基準額を独自に決めることが出来ます。

 

100万円まで提出不要のところもあれば500万円まで不要としているところもあります。

 

ちば銀行カードローンの場合は原則不要としており、具体的にいくらまで収入証明書がいらないのかが明記されていません。

 

融資担当者が必要と判断した場合は提出するという形です。

 

 

 

収入証明書として有効なのは

 

源泉徴収票・所得証明書・住民税決定通知書・納税証明書・給与明細書・確定申告書などです。

 

給与明細書を提出する場合は、直近2,3ヶ月分が必要となりますので注意してください。

 

 

ちば銀行カードローンは即日融資はできる?

 

 

即日でちば銀行カードローンからお金を借りたいと思っている方もいるのではないでしょうか?

 

カードローンの利用を検討している人の多くは、急な物入りでお金が必要になったなど急ぎでお金を借りたいと思っているケースが多いです。

 

ですから出来れば申し込んだその日にお金を借りたいところでしょう。

 

ちば銀行カードローンは即日融資可能なのかどうか解説していきたいと思います。

 

 

最近は即日融資に対応のカードローンが増えて、申し込んだその日にお金を借りられるケースが本当に多いです。

 

特に大手消費者金融は対応が非常に早く1時間もあれば現金を手にすることも可能なほどです。

 

一方で銀行カードローンはと言うと、消費者金融に見習って即日融資に対応しているところが増えました。

 

銀行カードローンとなると手続きに時間がかかるイメージが有りましたが、その日に借りられるようになったのは嬉しい限りです。

 

肝心のちば銀行カードローンですが即日融資を可能としていますので、今日中にお金を借りたい人にも最適と言えそうです。

 

但し即日融資するにも条件があり、またその条件も中々厳しいものとなっていますので、

 

申し込み前によく確認して無理そうであれば他のカードローンを検討したほうが良いでしょう。

 

 

銀行カードローンで即日融資を受ける場合、融資の方法は基本的に口座振込で対応となります。

 

口座振込みなら自宅にいながらでも借りられるケースが多いですが、制限時間が短いのがネックです。

 

また銀行カードローンの場合、指定の口座以外対応していないことが多いので注意が必要です。

 

 

大体は即日融資を希望する銀行の口座のみ指定しているところが殆どで、千葉銀行も例外ではありません。

 

つまりちば銀行カードローンで即日融資を受けるには、千葉銀行の普通預金口座が必要ということです。

 

但し、申し込み時点で口座を持っていなくてもカードローン契約と同時並行で口座開設も行えば即日融資を受けることも可能です。

 

 

普通、申し込み時点で指定の口座を持っていない場合、その銀行のカードローンで即日融資を受けることは出来ません。

 

ですがちば銀行カードローンなら、カードローン契約までに口座開設できれば即日融資を可能としてくれているのです。

 

 

今まで千葉銀行と全く取引のない方でも新規で申し込んでその日に借りられるなんて有り難いですね。

 

 

では具体的に即日融資の方法について見ていきましょう。

 

先ず千葉銀行に普通預金口座を持っている場合です。

 

口座を持っている場合は、正午までに審査が完了していれば即日融資が可能です。

 

要するに審査結果の通知を正午までに受けていればその日に借りられるということです。

 

これかなり厳しい条件といえますね。

 

申し込みを済ませていればよいのではなく審査が完了していないといけないわけですから、かなり早い段階で申し込みを済ませておく必要があります。

 

基本的に銀行カードローンは審査に時間がかかります。
消費者金融のようなノウハウはありませんので、どうしてもスピードに関してはネックと言えます。

 

理想としては千葉銀行の営業開始前に申し込みを済ませておくのが良いでしょう。

 

事前に必要なのが分かっているのであれば前の日の夜にネットから申し込んでおくか、直接窓口にて朝市申し込んでおくと良いかもしれませんね。

 

いずれにしても時間との勝負ですから、混み合っていれば借りられる可能性はかなり低いと覚悟したほうが良いでしょう。

 

 

 

普通預金口座を持っていない場合は、更に条件が厳しくなります。

 

正午までに審査が完了していて尚且つ普通預金口座の開設が完了していることです。

 

口座開設するには窓口で行わなければいけませんので、来店が必須ということになります。

 

店舗が近くにない方や仕事で窓口に行けないという方はほぼNGと思ったほうが良さそうですね。

 

 

 

ちば銀行カードローンで即日融資を受けるには条件がやや厳し目です。

 

どうしてもその日に借りたいという場合は、無理に千葉銀行に拘らず他行も検討してみると良いかもしれません。