ご融資ドットコムのカードローン審査と在籍確認情報 キャッシング甘い金融会社?おまとめで一括返済

 

ご融資ドットコムは日本貸金業協会に所属している創業金融業を営む東京の台東区にある会社です。取り扱っているローンは「借り換えローン」「フリーローン」「不動産担保ローン」「ビジネスローン」「住宅ローン」「レディースローン」です。

 

借り換えローンの「らくらくライト」については、融資額が100万円からで最大は2000万円まで、金利は7.3%から15.0%、返済期間は10年以内と設定されています。貸金業者から複数ローンを借り入れている方や年収の3分の1以上の借入がある方に借り換えの最適なプランを提案してもらえることもできます。

 

借り換えをして借り入れを一つにまとめることで金利が低くなり、返済額にゆとりができて返済しやすくなります。

 

また返済日も月に一日だけになるのでわかりやすくなるというメリットがあります。らくらくライトを申し込めるのは満20歳から70歳までの方です。担保や保証人は不要で必要書類は免許証や保険証、所得証明書です。

 

 

フリーローンの「ごじゆうにどうぞ」は融資額が5万円から50万円までで、金利は18.0%から20.0%、返済期間は3年以内となっています。満20歳から70歳までの毎月安定した収入がある方が申し込むことができます。

 

不動産担保ローンの「あんしん低金利」は1億円までの融資で、金利は7.3%から15,0%、返済期間は20年以内となっています。保証人は原則不要ですが不動産を担保として資産価値に応じた金額設定で融資を受けることができます。

 

ビジネスローンの「成功へのカギ」は事業を拡大したいという人向けのローンで融資額は1万円から1億円、金利は7.3% から20.0%、返済期間は10年以内です。

 

住宅ローンの「「マイホーム計画」は住宅購入のための頭金などの資金のためのローンで、融資額は100万円から5000万円、金利は7.3%から 15.0%、返済期間は30年以内となっています。

 

レディースローンの「なでしこ」は女性専用ローンで融資額は1万円から50万円、金利は15.0%から20.0%、返済期間は5年以内となっています。

 

これらの借入の申込はホームページからか、電話、郵便、FAX、来店のいずれでも可能です。ホームページには借入が可能かどうかを8項目の質問に答えて10秒で診断できるところがあるので申し込む前に試してみることもできます。

 

ホームページからの申込なら申し込み画面のフォームに必要事項を記入し送信することで受け付けられ、その後審査を経て審査に通過すれば契約という流れになります。

 

審査には仮審査と本審査があります。実際に融資を申し込んでみた方たちは、「仮審査は不合格になる人が少なくまた審査に通過した後、顔を実際にみてから融資をしたいと来店を勧められた」という声も少なくありません。

 

ご融資ドットコムは借り換えローン、つまりおまとめローンに力を入れている貸金業者で、複数の金融業差で借り入れをしている人たちの相談やプランの提案などを行っていますが、来店をして「専属の弁護士によって債務整理を勧められた」という声もあります。

 

しかしご融資ドットコムは貸金業法に則って、借入額は年収の3分の1までという総量規制や最高の利息が20.0%という利息上限法を順守して営業を行っていて、12年以上も会社名を変えたりせずに営業を続け、利用者の増えています。

 

webマガジンのインタビューでも融資に関するエピソードや会社の雰囲気、融資に対する姿勢などを答えて公表しているので、テレビコマーシャルで有名な大手の貸金業者と同じように安心して借り入れを申し込むことができる貸金業者です。

 

ご融資ドットコムで複数の会社から借り入れをしているものをまとめて一括して返済したい場合は、まずホームページの10秒診断で借り入れが可能かどうかの診断を受けたうえで申し込んでみるようにします。郵送以外の申込なら即日融資も可能です。

 

ご融資ドットコムでは審査に置いて在籍確認が行われることになっています。申込者の勤務先に実際に勤務をしていることを確認し返済能力があることを確認する必要があるからです。

 

また来店をすることによって、会社が実在することもわかり、実際にそのスタッフの顔を見ることができ、弁護士に相談をすることもできるのでその点も安心して借り入れを申し込むことができるというポイントとなります。

 

ネット上には様々な口コミや評判が出ていますが、在籍確認も行われこのようにきちんと審査をし、商品のラインナップも幅広く用意されているので、多くのリヨウシャガあり、12年イジョも営業をし続けることができているのです。

 

また同じく最大2000万円までと大口の融資をしている「マンモスローン」というおまとめローンを専門に融資を行っている会社もご融資ドットコムが運営していて実績がある会社です。

 

他社からの借入がある方や、幅広い商品のラインナップからローンを選びたい方、来店をして相談をしたい方におすすめな貸金業者です。

 

 

ご融資ドットコムは即日融資可能?総量規制と在籍確認は 勤務先に電話されたくない

 

キャッシングなどが利用されていますが、これは世の中が不景気になったことと関連しているといえます。例えば、今までお金を借りることがなくても問題なかった人がお金を融資してもらう可能性が出てきました。そのため、キャッシングが頻繁に利用されているなのは不景気の影響が大きくなります。またそれだけではなくお金が借りやすくなったことも理由の一つになるでしょう。

 

一昔前ならば、お金を借りる時もかなり厳格な審査をしなければなりませんでしたが最近は審査自体はかなり良くなってきています。なぜ審査が緩くなってきているかといえば、その一つは競争が激しくなっているからです。

 

競争が激しくなっている理由は、不景気によるものですが規制緩和がされており参入規制が低くなったことも理由の一つになります。金融機関の中でも、銀行がキャッシング行っている時代はかつてなりませんでした。厳密にいえば、キャッシング行っていたところあったかもしれませんがこれだけ多くの金融機関がキャッシングを行っていた例もありません。

 

そもそもなぜキャッシングを銀行が行うようになったかといえば、低金利政策を日本が採用しているからです。日本が低金利政策をとり始めたのは2010年ごろからになり
ます。

 

それから次第に金利が下がっていき、銀行の取り分が少なくなりました。このような景気対策は、不景気の時におこなわれているのが特徴になります。景気対策を行うことで、円高の方向をよりも円安の方向に行きやすくなるのが特徴でしょう。

 

カードローンなども頻繁に利用することができるようになっており、今までと違い簡単にお金を借りることができる基盤の一つとなっています。カードローンの中でもご融資ドットコムでは、消費者金融の一つになりますが基本的にはフリーローンを扱っています。

 

実質年利は18パーセントから20パーセントまでとなっており、借入する金額は5万円から50万円となっておりほかの金融機関などに比べると上限が低く設定されているのがポイントです。金利に関しては、決してほかの金融機関に比べると低くありませんので、金利を狙った借り入れはあまりメリットがありません。

 

ではいったいどのようなメリットがあるがといえば、ただし、債務整理などをしている場合にはお金の借り入れすることができませんので注意しなければなりません。

 

債務整理をしている場合とは、過去にお金を借りておきながら返済期日までに返済できなかった場合です。もちろん、一度程度滞納したぐらいならば問題ありませんが滞納が長く続く場合には問題が生じてしまいます。

 

その別の滞納し続けると、すでに債務者と債権者の間で信頼関係が失われている状態になりますので、この場合にはブラックリストに名前が掲載されることになります。

 

ブラックリストとは、信用情報会社が所有している金融関係のリストのことを意味しています。本当に黒いペーパーがあるわけではありませんので、間違えないようにしましょう。任意整理に関して債務整理をする場合にも3種類ありますが、一番程度が軽いのが任意整理と呼ばれるものになりまては、通常5年間から7年間はお金を借りることができません。

 

つまりそのあいだは情報信用会社のブラックリストの中に名前が掲載されてしまうことになります。次に、個人再生でよばれるものはありますが、これは債務整理の中でも真ん中らへんの立ち位置にあります。

 

つまり、任意整理よりも若干印象が悪くなりますが自己破産ほどは印象が悪くありません。ここでいう印象とは、債権者からの印象になります。なぜ自己破産より印象が悪くないかといえば、自己破産のように全額踏み倒すわけではないからです。債務整理といっても、個人再生の場合には返済額が減額されるものの債権者に対してお金を払い続けていくのは間違いありません。

 

それ以外にも、自己破産で追われるものがありますが、これは完全に踏み倒してしまうため10年間はブラックリストから名前が消えません。つまり、自己破産が一番重いものになりますので、一度自己破産をしてしまうとしばらく信頼がものはないことを頭の中にいておきましょう。総量規制がどのようになっているか問題になりますが、基本的には総量規制の適用はされますので、債務額は年収の3分の1を超えることはありません。

 

ここでいう年収とは手取りの金額ではなく税金などが引かれる前の額のことを意味しています。ただ、自営業者の場合には少し考え方が異なりますので注意をしなければならないところです。

 

在籍確認も気にしなければならないところですが、在籍確認は必ず行うようにしています。在籍確認を行う場合には、債務者が勤務している会社に業者の方が電話をしますので、電話に出ることが必要です。電話に出なければお金を借りることはできませんので、要注意になります。このように、一定の制限のもとにお金を借りることができるでしょう。